婚約指輪選びの参考書|大事なプロポーズを成功させる

指輪

大事な人に贈る大切な物

手

彼女の眼を輝かせるには

婚約指輪とは、結婚しようと決めた男性が、決意した証として好きな女性に贈るリングです。そのリングにはダイヤモンドがあしらわれているのが多いと言われています。婚約指輪を選ぶ際に、最初に気になるのが価格だと思います。近年では、25万円〜45万円で、ダイヤがあしらわれているのが人気になってきています。次に、購入するにはデザインも気になってきます。どんな形の婚約指輪なら気に入ってもらえるのか、悩みますよね。おおまかに、婚約指輪のデザインには3種類あると言われています。それが、なめらかな曲線が特徴のウェーブラインのタイプ。また、まっすぐの形のストレートライン、そして、V字になっているV字ラインというのが大きな特徴の婚約指輪の形です。その中でもウェーブラインが人気のようです。しかし、女性はダイヤモンドが好きな方が多いですよね。やはり男性もダイヤモンドが付いた婚約指輪を贈りたい人も多いと思います。しかし、ダイヤモンドにもいろいろな種類があります。そんな時に役立つポイントがあります。まずは、カラット(重さ)で、よく選ばれているカラット数は0.3カラット前後が多いと言われています。そして、カラー(色)。無色透明であるほど価値が高いと言われています。しかし近年では、ピンクダイヤやブルーダイヤなどあえて色が付きを選ぶ人もいます。また、クラリティ(透明度)も重要です。傷などが少ないほどやはり価値が高くなります。あと、形のバランスや輝きなどを決めるカット(研磨)です。これは実際に手に取って自分の見てみないとわからないですね。このように、選ぶポイントがいくつかあります。またその他、素材も重要なところです。プラチナ、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドがありますが、この中でもプラチナを選ぶ方が多いようです。これらを踏まえて好きな人が気に入る最高の婚約指輪を好きな人へ贈りましょう。